格安なのに上質で最新の七五三着物レンタル
↓↓↓↓↓↓↓

>>ここをクリック<<

七五三とは?

七五三は子供の健康と成長を祝う行事

七五三の着物

七五三の着物

七五三はいつ?

七五三のお参り11月15日というのが一般的になっていますが、その歴史や由来を知っておくと、七五三もより大事にお祝いできるようになります。
もともとは、11月ごろ、ということでしたが、江戸時代に、幼少の頃に病弱だった、徳川五代将軍綱吉の子ども、徳松の5歳のお祝いを1650年(慶安3年)の11月15日に行って以降、11月15日という日が知られるようになりました。
現代では、11月15日が平日でないこともありますし、特に11月では北日本では寒くなってしまいますので、10月から11月の土日にお参りをしたり、記念撮影をするのが一般的になっています。

なぜ七五三をお祝いするの?

今ほど医療の発達していなかった時代、幼児の死亡率は高く、子供は「7歳までは神の子」とされ、罪も問われず、喪に服することもありませんでした。3歳、5歳、7歳まで育つだけでも感謝感謝、お祝いするのに十分なことだったのです。
また、7歳になって、氏子入りをして、始めて人として「ムラ(地域社会)の子」として社会に認めらるようになりました。今では7歳というと小学校に入る年齢ですが、昔は7歳ごろからは、身の回りのことが自分ででき、親の手伝いができるようになり、両親の仕事や生活を見ながら、見よう見まねで生活や生業(家業)の技術を習得しはじめる年齢だったのです。大人への第一歩ですよね。

なぜ七五三の7歳、5歳、3歳になったのか?

なぜ七五三が7歳、5歳、3歳かというと、この七五三はいずれも奇数を陽数とする中国ではめでたい数字だというのが大きな理由です。
三度の節目に子供の成長を祝い、厄を払うというのが本来の七五三の意味です。
こういう「節目」という考え方は、今でも厄年や還暦・喜寿などの「年祝い」でも見られます。
本来、この七五三は、桃の節句や端午の節句と同様、めでたいから祝う、というのではなく、「祝うことで厄をはらう」という行事でした。

 

Pocket
LINEで送る